FC2ブログ
冬のウツ対策☆
おはようございます


北島町、今朝はとっても良いお天気です





師走に入り、気温はぐっと下がっております



気温が低くなると体温も下がり、気分もめいりがちになります



そこで本日はうつ対策をお伝えいたします






季節の変わり目やストレス、生活習慣が原因で発症ます、うつ症状。


ウツ症状にまず必要なことはこちら


 朝日

 運動

 たんぱく質




 太陽の光には「セロトニン」の分泌力を高める効果があります。

セロトニンは精神状態を安定させる効果のある脳内物質で、このセロトニンが不足してしまうとうつ状態を発症しやすくなります。


 有酸素運動や無酸素運動を行うことで、体温はあがります。

血行が良くなることで、うつの無気力状態を改善することが出来ます。


 たんぱく質は私たちの身体を構成する成分のうち、水分に次いでもっとも多くを占めています。

筋肉、臓器、脳など身体をつくるためには、たんぱく質をしっかり摂取することが必要です。

脳細胞の壊死(えし)も防ぎ、思考力を高め、神経の働きをよくして精神的な安定をもたらします。




以上のことから、寒くてウツウツしやすいこの季節は、朝日を浴びながらのウォーキングを行い、

なるべく炭水化物(とくに身体を冷やす糖質、小麦食品)を控えめにし、

脂質の少ない赤身肉、魚、大豆食品などをしっかり食べたいものです







では本日も素敵な一日をお過ごしください






ムータン西川
[2017/12/05 10:04 ] | 本日のおやつ
| ホーム |